みずほ銀行カードローンの審査基準は会社勤めかどうかがポイント!

みずほ銀行カードローンの審査基準は、公表されてはいませんが、実際に審査を受けた方の口コミを見ると大体わかります。口コミによると概ね次のような審査基準があるようです。

1.安定した収入がある
2.安定した職業に就いている
3.みずほ銀行の口座を持っている
4.他社で借り過ぎていない
5.カードの返済履歴がキレイ

これらの項目を満たしていれば、大体審査には通っているようです。
特に銀行系のカードローンについては職業が重視されるようで、正規雇用の会社員や公務員が審査上有利なようです。  

みずほ銀行カードローンなら他社よりも低金利で借りれます!

みずほ銀行カードローンの特徴の一つとして、金利が安いことが挙げられます。

みずほ銀行カードローンにはエグゼクティブプランとコンフォートプランの2つのプランがあります。このプランは自分では選べず、審査の際にどちらかが決まります。

エグゼクティブプランの場合は金利が年3.0%~7.0%になります。コンフォートプランの場合は年率3.5%~14.0%です。

金利の高いコンフォートプランの方でも、他の銀行系カードローンよりは金利が安めですので、他社よりも多少返済が楽になります。  

みずほ銀行カードローンの審査基準は大きく5つ!

みずほ銀行カードローンの審査に通るには、審査基準をすべてクリアしなければなりません。おさらいになりますが、審査基準はおおむね次の通りだと言えます。

1.安定した収入がある
2.安定した職業に就いている
3.みずほ銀行の口座を持っている
4.他社で借り過ぎていない
5.カードの返済履歴がキレイ

これらの基準さえクリアできれば審査に通るということが実証されています。審査に落ちた方は大体このうちの一つ以上をクリアしていないようですので、kぉれらの基準をクリアできるのであれば、審査に落ちる心配はしなくてもいいでしょう。  

1.安定した収入がある

1番目の「安定した収入がある」ですが、これは年収額は関係ありません。毎月決まった収入が継続的にあるかどうかが問われます。

たとえ月々20万円でもきちんと収入があれば、この基準はクリアできます。そういった意味では2番目の項目にも関係してきますが、収入が安定しているサラリーマンや公務員が有利です。

逆に、ある月だけ収入が多くても、月々安定した収入でなければ、審査基準をクリアすることはできません。  

2.安定した職業に就いている

次に「安定した職業についている」ですが、これは正規雇用の会社員や公務員などが該当します。一般企業の場合は会社の経営状況が影響する場合もありますが、健全な経営状況の会社に勤めていればOKです。公務員は言わずもがな、倒産やリストラはありませんので、非常に安定した職業と判断されます。

ですから、みずほ銀行カードローンは正規雇用のサラリーマンや公務員の方に向いているのです。

みずほ銀行カードローンの場合は、アルバイトやパートだと審査に通らない可能性が高いです。また学生の場合も審査が非常に厳しく、まず通らないと思っておいた方がいいでしょう。  

3.みずほ銀行の口座を持っている

3つ目の基準で「みずほ銀行の口座を持っている」ですが、審査申込の段階では、講座を持っていなくても大丈夫です。審査と同時に口座開設の申し込みができます。

みずほ銀行の口座がないとお金が借りられないのは、すべてみずほ銀行の口座を経由して取引が行われるためです。融資を受ける際は口座に振り込まれますし、月々の返済は口座からの自動引き落としになりますので、講座を持っていないと取引ができないからです。

審査に申し込む際に、みずほ銀行の口座を持っているか聞かれますので、講座を持っていない場合は、口座開設を申し込んでください。インターネットでの申し込みだと、口座開設と同時に申し込むことができますので、そちらを利用するのもいいでしょう。  

4.他社で借り過ぎていない

4番目の「他社で借り過ぎていない」についてですが、いろいろなところからお金を借りていると、債務超過となり返済不能になる可能性があるため、銀行はお金を貸したがらないためです。

何社からいくら借りているかは、信用情報を照会すればすぐにわかってしまいますので、偽ることだけはしないでください。

どうしてもみずほ銀行カードローンの審査に通りたいのであれば、少しでも他での借金を減らしてから申し込むようにしてください。  

5.カードの返済履歴がキレイ

最後の「カードの返済履歴がキレイ」ですが、これはブラックリストに載っていないことと言い換えられます。この項目は非常に重たいものです。

過去にクレジットカードや、携帯電話、奨学金の返済などで焦げ付きを起こしていると、ブラックリストに載ってしまっている可能性が高いです。そういった場合には審査には必ず落ちてしまいます。

意外な点として携帯電話の利用料金の支払いや奨学金の返済までが対象になっていますのでご注意ください。  

学生やフリーターはみずほ銀行カードローンは審査が厳しいです

審査基準の一つに、安定した職業についているという項目がありましたが、銀行系カードローンの場合、この点が重視されます。前述したように雇用形態が安定している正規雇用のサラリーマンや公務員だと何も問題ありません。

アルバイトやパート、フリーターだと審査に通る可能性は低いです。それは、いつクビになるかわからないし、収入も不安定になりがちだからです。

サラリーマンや公務員だと、急なけがや病気でも、収入がある程度保証されますので、非常にリスクが低いのですが、アルバイトなどの場合は病気やけがで休んでしまうとそのまま収入減につながってしまうので、収入面でもリスクがあるからです。

ですから、アルバイトやパート、フリーターの方は、職業を選ばない消費者金融のカードローンを申し込まれた方がいいでしょう。
  

もしも毎月の返済が困ってもみずほ銀行カードローンなら柔軟です

みずほ銀行カードローンの場合、月々の返済に困った場合でも、相談に乗ってくれますので、非常に心強いです。

急病やけがなどで収入が得られなくなってしまった時には、一時的に救済措置を取ってくれる場合もあります。利息だけを返済すれば、滞納にはならないケースもあります。

こういった相談ができるのもみずほ銀行カードローンならではですので、いざという時の万が一を考えると、みずほ銀行カードローンを利用しておくと安心です。

また、みずほ銀行の場合月々の約定返済額も比較的安いので、そもそも月々の返済は楽です。借入残高が100万円ごとに月々1万円の返済ですから、非常に返しやすいと思います。

このように、みずほ銀行カードローンには様々な特色があります。これらについてはみずほ銀行カードローンのホープページに掲載されていますので、詳細はそちらをご覧ください。

みずほ銀行カードローンのホームページはこちらです。