みずほ銀行カードローンに行われている審査は、すぐに回答が得られる仮審査を行った上で、個人信用情報機関への照会を行う本審査が行われます。仮審査を行った段階では、安定した収入が有り返済能力に問題がないかを、過去の貸付実績からえられた膨大なデータを基にしたスコアリング審査が行われているわけです。仮審査に通ったとしても、みずほ銀行カードローンの貸付は、指定保証会社の保証が受けられるかどうかにかかっています。指定保証会社としてオリエントコーポレーションが入っているので、過去にオリコとの取引で延滞や債務整理を行っている場合には、本審査に通ることはありません。みずほ銀行は、第一銀行・勧業銀行・富士銀行といった歴代の銀行と合併を繰り返しており、過去に取引があった銀行がまとまってみずほ銀行となっている可能性があります。安定した収入があることは、必要に応じて提出する収入証明書と在籍確認電話によりある程度把握可能です。しかし、過去にみずほ銀行グループとオリエントコーポレーションとの取引で、事故を経験していない限りは、申込内容と個人信用情報機関に登録された信用情報に基づいて審査が行われます。審査内容について不安がある場合には、個人信用情報機関へ信用情報の開示請求を行っておくとよいでしょう。開示された信用状確認した上で、問題があると思われる事項が見つかった場合には、事実と相違がないかどうか確認する必要があります。相違がある場合には、該当する金融業者に対して優先依頼をかけることで訂正が可能です。