みずほ銀行カードローンを利用するためには、みずほ銀行に口座を持っているかもしくは開設可能な人に限られています。なぜなら、毎月10日に返済を迎える約定返済の口座振替がみずほ銀行の口座に限られているからです。みずほ銀行カードローンは、普通預金口座のキャッシュカードにカードローンメニューを追加する形で提供されています。希望すれば専用のローンカードの発行も可能ですが、その際には新規口座開設メニューからの手続きが必要です。既存のキャッシュカードを生かした契約をしてしまうと、みずほ銀行カードローン専用ローンカードを発行することは出来なくなります。既にみずほ銀行に総合口座を持っている場合には、みずほ銀行に登録されている個人情報が審査の際に利用可能です。給与振込口座としてみずほ銀行を利用している場合、毎月の給与額が銀行側には分かるので、みずほ銀行本支店のATMを操作している際に、みずほ銀行カードローンの利用可能見込み額が目安として表示されることがあります。銀行側からの案内が行われてるわけですから、同じ条件で仮審査をした際にもみた結果が得られると予想可能です。本審査の段階で保証会社による審査が入るので、最終的な結果が変わる可能性はありますが、みずほ銀行側で考えている利用実績に応じた利用可能限度額をあらかじめ知ることができる点で優れています。みずほ銀行カードローン実際の申し込みは、自宅でゆっくりとインターネット経由で約款を確認しながら行うことが望ましいでしょう。